Home |  ED・PE治療薬 |  漢方精力剤 |  媚薬 |  健康美容 |  同仁堂*老舗 |  漢方薬 |  注文案内 |  よくある質問 |  お知らせ
      商品検索:  メールが不着の方へ
   会員窓口
   漢方薬一覧
  ・ アジスロマイシン錠250mg
  ・ アジスロマイシン速溶錠250mg
  ・ 益母草(ヤクモソウ、メハジキ)顆粒
  ・ 婦人科止血剤(漢方製剤)
  ・ ファモチジン錠20mg
  ・ フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
  ・ デスロラタジン錠5mg
  ・ レボセチリジン塩酸塩錠5mg
  ・ アモキシシリン250mg
  ・ アモキシシリン500mg
  ・ 経口妊娠中絶薬RU486ケアセット
  ・ 垂盆草顆粒(すいぺんそうかりゅう)
  ・ メラトニンビタミンB6錠
  ・ 複方紅豆杉(こうとうさん)膠嚢
  ・ レボノルゲストレル錠1.5mg
  ・ レボノルゲストレル腸溶錠1.5mg
  ・ 京都念慈菴蜜煉川貝枇杷膏75ml
  ・ 京都念慈菴蜜煉川貝枇杷膏150ml
  ・ 京都念慈菴蜜煉川貝枇杷膏300ml
  ・ 999皮炎平複方酢酸デキサメタゾンクリーム
  ・ NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)500
  ・ 藿香正気(かっこうしょうき)滴丸
  ・ 連花清瘟 (れんかせいおん)カプセル
  ・ 海王牌金樽片
  ・ 養血清腦丸
  ・ 復方丹参滴丸  
  ・ 狐臭半月清  
  ・ 複方土槿皮酊(フクホウドキンピチンキ)  
  ・ 消炎利胆片  
  ・ 西施露噴霧劑  
  ・ 天麻鉤藤顆粒/無糖  
  ・ 六君子丸  
  ・ 抗癌平丸  
  ・ 参蓮カプセル  
  ・ 回生口服液  
  ・ 臌症丸(腹水丸)  
  ・ 天壇清涼油(白色)  
  ・ マーベロン21(Marvelon)
  ・ 肝泰舒カプセル
  ・ 頸腰康カプセル
  ・ 血滞通カプセル
  ・ 腰痛寧カプセル
  ・ 降脂寧エキス剤
  ・ 清脳降圧片
  ・ 潤燥止痒カプセル
  ・ 白癜風丸
  ・ 烏蛇止痒丸
  ・ 復方青黛丸
  ・ 膚痒エキス剤(無糖タイプ)
  ・ 銀屑霊
  ・ 薄芝片
  ・ 消石片
  ・ 腰痺通カプセル
  ・ 銀屑エキス剤
  ・ 銀屑エキス剤(無糖タイプ)
  ・ 降脂霊片
  ・ 肝復楽片
  ・ 参蓍扶正丸
  ・ 珍菊降圧片
  ・ 通脈降脂カプセル
  ・ 排石エキス剤(無糖タイプ)
  ・ 甘霖洗剤
  ・ 葵花金匱腎気丸
  ・ 益腎霊エキス剤
  ・ 太極五子衍宗丸(濃縮丸)
  ・ 玉泉丸
  ・ 参花消渇茶
  ・ 前列舒通カプセル
  ・ 津力達エキス剤
  ・ 糖尿楽カプセル
  ・ 立効消渇降糖カプセル
  ・ 芪蛭降糖片
  ・ 骨痛霊酊
  ・ 正清風痛寧片
  ・ 風湿寒痛片
  ・ 安絡化繊丸
  ・ 貞耆扶正エキス剤
  ・ 参耆十一味エキス剤
  ・ 消癌平片
  ・ 平消片
  ・ 安康欣カプセル
  ・ 胃複春片
  ・ 振源カプセル
  ・ 鼻炎康片
  ・ 腎石通エキス剤
  ・ 補腎固歯丸
  ・ 三金片
  ・ 竜薈丸
  ・ 槐耳エキス剤
  ・ 康富来牌血尓内用液
  ・ 三奇堂養生健肝茶
  ・ 静心助眠内用液
  ・ 太太美容内用液
  ・ 湿毒清カプセル
  ・ 至宝三鞭丸
  ・ 川貝枇杷シロップ
  ・ 地楡槐角丸
  ・ 西黄丸
  ・ 小金丸
  ・ 茵胆平肝カプセル/片仔廣
  ・ 小柴胡顆粒/片仔廣
  ・ 複方片仔廣痔瘡軟膏
  ・ 少林正骨精/片仔廣
  ・ 増乳膏/片仔廣
  ・ 護肝片/片仔廣
  ・ 維妮好液体コンドーム
  ・ 経口中絶薬RU486セット
  ・ 参芪降糖エキス剤
  ・ 片仔廣(へんしこう)軟膏
  ・ 蛇胆川貝枇杷膏
  ・ 板藍根エキス剤(三九製薬)
  ・ 正天丸(せいてんがん)
  ・ 冠元顆粒
  ・ 復方棗仁カプセル  
  ・ 婦科千金片
  ・ 冠心蘇合丸
  ・ 六味地黄丸 同仁堂
  ・ 板藍根エキス剤 同仁堂
  ・ 大敗毒カプセル
  ・ 烏鶏白鳳丸 同仁堂
  ・ 愈風寧心片 同仁堂
  ・ 牛黄清心丸 同仁堂
  ・ 局方至宝丹 同仁堂
  ・ 安神健脳液 同仁堂
  ・ 同仁大活絡丸 同仁堂
  ・ 偏たん復原丸 同仁堂
  ・ 消栓再造丸 同仁堂
  ・ 同仁堂西黄丸  
  ・ 感冒清熱沖剤 同仁堂
  ・ 人参再造丸
  ・ 牛黄降圧丸 同仁堂
  ・ 蘇合香丸
  ・ 敗醤(錠剤)
  ・ 柏子養心丸
  ・ 同仁安神丸
  ・ 石斛夜光丸
  ・ 明目地黄丸
  ・ 杞菊地黄丸
  ・ 西瓜霜喉宝
  ・ 新廣片しんこうへん
  ・ 牛黄上清丸
  ・ 知柏地黄丸
  ・ 参芪降糖カプセル
  ・ 胆石通カプセル
  ・ 龍胆潟肝顆粒
  ・ 護肝片(ごかんへん)
  ・ 補腎益寿カプセル
  ・ モーニング アフターピル(金毓亭)  
  ・ 妻之友「膣錠避妊薬」  
  ・ 康楽宝
  ・ 仲景香砂養胃丸
  ・ 片仔廣カプセル
  ・ 牛黄降圧丸 達仁堂
  ・ 前列康
  ・ 消渇丸
  ・ 雲南白薬カプセル
  ・ 悦可亭
  ・ 毓亭(ユーティン)
携帯URL:http://honnsoudou.com/m/
携帯URL:
http://honnsoudou.com/m/
  本草堂漢方薬局 -> 漢方薬 -> フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
>>>写真拡大<<<

 商品名:フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg

 規格: 60mg*14錠/箱

 配達方法: EMS国際宅急便
 配達日数: 約3〜5日間

フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg 試    用:
 1 箱    単価:640 VIP:576
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg 正    式:
 2-5箱   単価:608 VIP:547
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg 一ヶ月分:
 6-10箱 単価:576 VIP:518
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg 二ヶ月分:
11-20箱 単価:576 VIP:518

フェキソフェナジン塩酸塩錠の特徴

 フェキソフェナジン塩酸塩錠は有名なアレグラのジェネリック医薬品で、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状緩和の治療薬です。フェキソフェナジン塩酸塩錠は従来の抗ヒスタミン薬と比べて眠くなりにくいため、自動車の運転する前など様々な場面での服用が可能ですが、症状の原因を治療する効果はないので注意が必要です。

フェキソフェナジン塩酸塩錠の効果

 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒に効果です。
 フェキソフェナジン塩酸塩錠の主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は花粉症などのアレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの症状を緩和・抑制します。

 フェキソフェナジン塩酸塩錠が第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり接続時間が長く副作用が少ないうえ、小児でも服用することができるからです。

 また、口の乾きや排尿障害、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

フェキソフェナジン塩酸塩錠の成分量

 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。個人輸入を行っている当サイトでは60mgの購入が可能です。

服用方法・使用方法

服用のタイミング

 フェキソフェナジン塩酸塩錠は空腹時に服用するのが正しい飲み方です。1回1錠、1日2回の服用する際は1度に2錠の服用はせずに、次の服用まで6〜8時間間隔を空けるようにしてください。

服用量の目安

 1回1錠、1日2回の服用となります。通常、7歳以上12歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mgを1日2回、12歳以上の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回経口投与する。

なお、症状により適宜増減する。使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

推奨用量

 推奨されている国内での認可量は60mgを2回です。60mgを1日最大4錠までは服用可能とされていますが、小柄な日本人には60mgでも効果が期待できます。180mgの有効成分を有しているフェキソフェナジン塩酸塩錠は海外の大柄男性向きです。

食事の影響

 フェキソフェナジン塩酸塩錠の主成分である、フェキソフェナジン塩酸塩は食後・食前の縛りを受けていません。しかし、空腹時投与と食後投与を比較したデータでは、食後よりも空腹時の方がより効果を発揮すると考えられています。

アルコールの影響

 アレグラはアルコールとの相互作用は報告されていないので、フェキソフェナジン塩酸塩錠とアルコール・飲酒の飲み合わせは問題ないとされています。
 しかし、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

フェキソフェナジン塩酸塩錠を使用できない方

・フェキソフェナジン塩酸塩錠成分フェキソフェナジン塩酸塩に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

※使用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

 主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、無顆粒球症などがあげられます。万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用注意

併用注意薬は、フェキソフェナジン塩酸塩錠と併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・水酸化アルミニウム
・水酸化マグネシウム
・エリスロマイシン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

参考サイト

商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

フェキソフェナジン塩酸塩 - Wikipedia

服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

・医療用医薬品 : アレグラ


フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg についてお客様の声

補腎固歯丸
補腎固歯丸
  • 補腎固歯丸
     http://honnsoudou.com/view/1476/
    補腎固歯丸は腎虚火旺により引き起こされる知覚過敏、咀嚼力低下、歯のぐらつき、歯肉の腫れや出血など慢性歯周炎で見られる症状に対して効果があります。
  • 知柏地黄丸
    知柏地黄丸
  • 知柏地黄丸
     http://honnsoudou.com/view/199/

    知柏地黄丸は滋補清熱漢方薬。遺精、咽の乾き、口渇、耳鳴、寝汗に。


  • 西瓜霜喉宝
    西瓜霜喉宝
  • 西瓜霜喉宝
     http://honnsoudou.com/view/202/

    西瓜霜喉宝主治:咽喉腫痛、扁桃炎、慢性咽炎、歯齦腫痛。例えば:1.扁桃炎:咽痛い、西洋医学の範疇では急性扁桃炎、化膿性扁桃炎2.喉痺:喉部乾燥、微痛、呑咽不適、疼痛が重い、西洋医学の範疇では、急慢性咽炎 3.歯痛:西洋医学の範疇では急性歯齦炎、歯周炎、本品は肺胃火熱、腎陰が損傷され、水が火を制することができずに陰火が上昇を浮腫症候に引き起こった各種症状。本処方の方剤は消炎止痛作用がある。  


  • 鼻炎康片
    鼻炎康片
  • 鼻炎康片
     http://honnsoudou.com/view/1478/
    鼻炎康片は清熱解毒,宣肺通竅,消腫止痛の作用があります。主に慢性・急性鼻炎、及びアレルギー性鼻炎に用いられます。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻のかゆみには「コ衆牌鼻炎康片」を用いましょう。
  • デスロラタジン錠5mg
    デスロラタジン錠5mg
  • デスロラタジン錠5mg
     http://honnsoudou.com/view/1760/

    デスロラタジン錠5mgの特徴

     デスロラタジン錠5mgはは第二世代抗ヒスタミン薬で『くしゃみ・鼻水・蕁麻疹・かゆみ』といったアレルギー症状を抑えるお薬です。

     アレルギー性疾患の治療薬になり、花粉症やアレルギー性鼻炎に効果を示す抗ヒスタミン剤になります。

     抗ヒスタミン剤の中では、眠気の副作用が非常に少なく、お薬の効果が『即効性』と『持続性』を兼ね備えているお薬になります。

     花粉症の鼻づまりやクシャミの症状は、花粉アレルギーをもっている人が、花粉に触れることにより、血管内に免疫物質のヒスタミンが放出されることで症状が出ます。

     ヒスタミンが放出されると、そこに血液が集中してアレルゲンを阻害しようとします、この時に鼻づまりなどの炎症や、クシャミなどの症状が現れます。

     『スギ花粉』や『ヒノキ花粉』の飛散期間は2月から5月までの4カ月間に渡り続くとされています。副作用や身体への負担が少ないデスロラタジン錠は長期間花粉症のお薬を服用しなければならない方にとっては大きなメリットのある商品です。

     錠剤タイプのデザレックスと同成分です。

    デスロラタジン錠5mgの効果

     デスロラタジン錠5mgの主成分であるデスロラタジンは花粉症などのアレルギー反応を引き起こす、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの症状を緩和・抑制します。

     デスロラタジン錠5mgが第2世代の抗ヒスタミン薬と称されるのは、第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて即効性があり接続時間が長く副作用が少ないうえ、小児でも服用することができるからです。

     また、口の乾きや排尿障害、脳へ作用することで起こる眠気なども抑えることができます。

    デスロラタジン錠5mgの成分量

     成分デスロラタジン(Desloratadine)は、花粉症などのアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚の痒みなどの改善によく使われる成分になります。

     鎮静作用が少なく、作用時間も長く、抗コリン作用で発症する口の渇きや便秘などが起こらないのが特徴となります。

     デスロラタジンの成分は、中国やヨーロッパではアレルギー性鼻炎の治療薬の成分として第一選択薬として使われることが多い成分となります。

    服用方法・使用方法

    服用のタイミング

     デスロラタジン錠5mgは就寝前に服用するのが正しい飲み方です。食後よりも空腹時の方がより効果を発揮するとされています。

    服用量の目安

     1日1回1錠の服用となります。なお、症状によって適切な用量に調整してください。使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

    推奨用量

     成人において1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与することが推奨されています。

    食事の影響

     デスロラタジン錠5mgは食事や飲み物などによる影響を受けにくく、いつ飲んでも良い薬です。

    アルコールの影響

     デスロラタジン錠5mgはアルコールとの相互作用は報告されていないので、デスロラタジン錠5mgとアルコール・飲酒の飲み合わせは問題ないとされています。しかし、薬とアルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

    デスロラタジン錠5mgを服用できない方

    ・デスロラタジン錠5mg成分デスロラタジンやクラリチン成分ロラタジンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
    ※使用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

     主な副作用には、軽い眠気、だるさなど
    ※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

    併用注意

    ・エリスロマイシン
    デスロラタジン錠5mgとの併用によって、血漿中濃度が上昇したことが確認されています。

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    参考サイト

    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    ・医療用医薬品 : デザレックス
    デスロラタジン - Wikipedia


  • 新廣片しんこうへん
    新廣片しんこうへん
  • 新廣片しんこうへん
     http://honnsoudou.com/view/201/

    新廣片(しんこうへん)の効果: 清熱解毒、血液の流れをよくし、オ血除去、腫や痛み止め。熱毒による咽喉の腫と痛み、歯の痛み、脇の痛み、黄疸、原因のわからない腫と痛み。


  • レボセチリジン塩酸塩錠5mg
    レボセチリジン塩酸塩錠5mg
  • レボセチリジン塩酸塩錠5mg
     http://honnsoudou.com/view/1759/

    レボセチリジン塩酸塩錠の特徴

     レボセチリジン塩酸塩錠は第2世代の抗ヒスタミン薬です。

     第1世代のジルテックと比べ、花粉症・アレルギー性鼻炎・蕁麻疹・皮膚炎などのアレルギー症状に対して、同等の強い効果を維持したまま、副作用である強い眠気を抑えた、第1世代の抗ヒスタミン薬を改良したアレルギー薬です。

    ■第2世代の抗ヒスタミン薬

     抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代の2種類があり、第1世代にはアレルギー症状を抑えるだけでなく、眠気、抗コリン作用(口の渇き、便秘、排尿困難など)のような副作用もあります。

     レボセチリジン塩酸塩錠のような第2世代の抗ヒスタミン薬は、第1世代と比べて眠気が起こりにくく、また抗コリン作用も少ないことが特徴です。

    ■眠気は比較的起こりやすい

     レボセチリジン塩酸塩錠は第2世代の抗ヒスタミン薬の中では、比較的眠気が出やすいお薬です。そのため就寝前に服用し、また服用後の自動車の運転などはしないように注意してください。

    レボセチリジン塩酸塩錠の効果

     一般的にアレルギー反応が起こると、アレルゲンの刺激により免疫系の細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。そして放出されたヒスタミンがH1受容体と結びつくと、その刺激によりくしゃみや鼻水、かゆみなど様々なアレルギー症状が起こるのです。

     レボセチリジン塩酸塩錠の主成分であるレボセチリジンは、ヒスタミンとH1受容体が結びつくことを阻害する作用によって、幅広いアレルギー症状を緩和・抑制します。

    アレルギー性鼻炎

    花粉症

    蕁麻疹

    湿疹、皮膚炎

    痒疹

    皮膚そう痒症

    レボセチリジン塩酸塩錠の成分量

    レボセチリジン塩酸塩5mg

    服用方法・使用方法

    服用のタイミング

     レボセチリジン塩酸塩錠は就寝前に服用するのが正しい飲み方です。食後よりも空腹時の方がより効果を発揮するとされています。

    服用量の目安

     1日1回1錠の服用となります。なお、症状によって適切な用量に調整してください。使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談してください。

    推奨用量

     成人において1回5mgを1日1回、就寝前に経口投与することが推奨されています。

    食事の影響

     レボセチリジン塩酸塩錠は食後のほうが血中濃度が落ちることが分かっているので、効果の点でいえば空腹時の方が効果が出やすいといわれています。

    アルコールの影響

     レボセチリジン塩酸塩錠はアルコール摂取との相互作用があるため注意が必要です。飲酒する場合は、飲酒の予定よりも数時間は止めに服用するなど、タイミングをずらす必要があります。アルコールを同時に摂取すると、アルコール類の吸収や代謝が影響することで、薬の効果が出すぎてしまう、もしくは効果が弱まる可能性があるので避けたほうが安全です。

    レボセチリジン塩酸塩錠を服用できない方

    ・レボセチリジン塩酸塩錠成分レボセチリジンまたはピペラジン誘導体(セチリジンやヒドロキシジンを含む)に対し過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
    ・重い腎臓障害のある方
    ※使用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

     主な副作用には、頭痛、吐き気、過敏症などがあげられます。頻度不明の重大な副作用として、アファフィラキシー、肝機能障害、無顆粒球症などがあげられます。

     万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

    併用注意

    併用注意薬は、レボセチリジン塩酸塩錠と併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・ノービア:ノービアとの併用によりレボセチリジン塩酸塩錠の曝露量が増加(40%)し、ノービアの曝露量がわずかに減少(-11%)するとの報告があります。
    ・アルコール:アルコールとの併用により中枢神経系に影響がある可能性があるので、十分注意してください。
    ・サンリズム:併用によりどちらの薬も血中濃度が上昇し、サンリズムの副作用が現れたとの報告があります。

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
    ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    参考サイト

    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    ザイザル | GSK グラクソ・スミスクライン

    ・医療用医薬品 : ザイザル

    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    ・医療用医薬品 : レボセチリジン塩酸塩錠


  • 牛黄上清丸
    牛黄上清丸
  • 牛黄上清丸
     http://honnsoudou.com/view/200/

    牛黄上清丸は中医では弁証上風火上攻、三焦実熱に属する症状に適用している。臨床で急性口内炎、急性扁桃炎、急性結膜炎、急性中耳炎、急性胃腸炎、細菌性赤痢(初期)、及び目眩(内耳迷路炎、前庭性神経元炎、血管性神経頭痛)、歯痛(歯根炎、歯髄炎、歯周炎、口腔潰瘍)などの疾患に用いる。また、高血圧の実熱に属する目眩、耳鳴り等の症状にも効果がある。現代薬研究により、黄、黄連、黄柏、梔子は皆抗感染作用を持ち、細菌、ウイルス、真菌、原虫などに抑制作用があり、または解熱、鎮静、降圧作用があり;防風は抗炎、解熱、作用があり;ハクシは抗菌、抗ウイルス作用があり、ハッカは皮膚の血管を拡張作用があり;菊花は抗菌、解熱作用があり;、連翹は抗菌、抗ウイルス、解熱、及び強心、抗ショック、抗内毒素作用があり;石膏は解熱、鎮静作用がある。主治:目眩、咽喉赤腫、口内炎、耳痛耳なり、歯齦腫痛。適應症: 頭痛目眩、目が赤い、耳鳴り、咽喉の腫と痛み、口内炎、歯茎の腫、便秘。



  • Google
     
    + ご利用規約 + 会社概要 + 注文案内 + 相互リンク + お支払い方法 + お問い合わせ + 代理募集 + 精力剤関連コラム +
    販売者名:本草堂大薬店   電話番号:0086-021-58607553(中国)
    所在地:中国上海市虹口区広陵路2-103号
    Copyright ©2006-2024  WWW.Honnsoudou.COM